台風の季節になると、他社様で屋根修理をしたのに雨漏りが治らないというご相談を受けることがよくあります。”工事したはずなのになぜ?”と思いますよね

そのような場合、外壁から雨漏りを引き起こしているという可能性があり、外壁サッシや外壁サイディングの目地シーリング劣化などが原因として考えられます。台風や強風の時だけというのも常に風雨にさらされている屋根と違って外壁は風が強く吹き込むときに雨水がしみこむ場合が多いからです。

屋根修理で足場を組んだ時はこういった箇所の補修もしくは外壁塗装などをセットで施工される事を必ずおすすめします。その他個所からの雨漏りのご相談原因究明などもご連絡ください。

たいていの屋根修理会社は外装の知識がないので後でお客様後悔されることになってしまいます。屋根修理、外壁塗装110番は塗装の職人も在籍しておりますので屋根工事、雨漏り修理をご検討の際は外装工事も含めたお見積もりもお渡しすることができますのでご安心ください!

屋根、雨漏り修理や外壁塗装のご依頼ご相談はお気軽にご連絡ください!

おすすめの記事