突然の雨漏りや、台風などの災害による屋根の被害は最近の台風やゲリラ雷雨、大雪の多い日本では他人事ではありませんよね!

どうしても屋根修理、雨漏り修理は危険を伴いお家の中で最重要部分ともいえるので金額が高額になってしまいますね、だからと言ってそのまま放置は建物の躯体を損傷させることになるので考えられません。

そこで火災保険を正当に使ってお安く屋根修理をすることをお勧めいたします。(最近は保険会社に虚偽の報告をして保険金をだまし取ろうとする業者もいるので注意が必要です)

屋根修理に火災保険とはどういうこと?

火災保険と聞くと火災だけに対応した保険かと思われがちですが、自然災害や家財の損傷などにも対応しています。例えば落雷、風水災害などです。つまり台風による風害(屋根の破損など)や水害(屋根外壁からの雨漏りや床家浸水、それに伴う家財)などの屋根修理などに適用することができます(地震は対象外)

屋根修理における火災保険の申請箇所

屋根修理における火災保険適用箇所を解説します!

①棟板金の飛散

1番問い合わせが多いです、雨漏りするだけでなく、放置すると近所に飛んで車や家を傷つけるだけでなく、人に当たると大変危険です

②棟瓦の崩れ

瓦は高重量なのでいつ落ちるかわからず大変危険です!

③強風による屋根材の剥がれ、それに伴う屋根からの雨漏れ

古いトタン屋根や劣化した波板などは要注意です!

④サッシやベランダ手すりからの雨漏れ

気づかないうちにじわじわ劣化が来るのが怖いです

このような下から見えずらい個所は屋根修理110番では無料屋根点検として行っております!

屋根修理における火災保険の申請方法

屋根修理時の火災保険申請は簡単です!  用意するものは、2つだけ

被害の説明書と保険金請求書だけです

あとは屋根修理110番に連絡いただければ写真と見積書を作成いたします

しっかり申請すれば、早くて1,2週間ほどで入金されると思います

屋根修理の相見積もりもぜひどうぞ!わからないことがあればご連絡いただければ丁寧にご説明いたします

おすすめの記事