ここのところ続く台風の強風で東京都でも、屋根の被害が続いています。雨漏りのリスクがあるだけでなく、棟板金などの屋根材が風で飛ばされると、とても危険です。

5年たったら屋根の点検をしましょう

たった5年で?と思われるかもしれません。しかし屋根自体は大丈夫のように見えてこんな問題点があります

1.トタン屋根や、棟板金のついている屋根は釘を使って屋根の役物を固定しているのでゆるんだり抜けていると強風で屋根材が飛ばされます。

2.瓦屋根は漆喰が劣化していると瓦がずれて落ちて来ることもあるので注意が必要です。

実はほとんどの方が屋根の破損を自分では気づかず周りから指摘されて気づいている方がほとんどです。

屋根はお家の中でも最も日々ダメージを受けている場所です。

10年くらいで屋根の大規模修理が必要になってきますが、その前に5年くらいで屋根点検をされることはとても大切なことなのです。

屋根のお困りごとのご相談、お見積もりすべて無料です。お気軽にご連絡ください!

おすすめの記事