杉並区での外壁塗装の例です、モルタル壁はチョーキング現象(手に白い粉が付く)が出ると外壁塗装のリフォームをしなければいけないサインです。

今回は外壁塗装のタイミングを過ぎて長い間放置され雨漏りしていたので高圧洗浄やクラック補修などの下地処理に力を入れ、チョーキングなどを防ぐラジカル塗料で外壁塗装をしました。

 

まとめ

外壁塗装はチョーキングなどのサインが出たら悪くなる前にリフォームする事が費用を抑え家を長持ちさせるコツです。そのためには定期的な点検、調査を日頃から心がける事が大切です、点検調査やお見積もりは無料で行っておりますのでお困りの方はお気軽にお問い合わせください☺️

杉並区で外壁塗装のトラブルなどご相談や点検調査、お見積もりなどプロがお伺いして全て無料です。お気軽にご連絡ください!

おすすめの記事